2010年10月11日月曜日

Ubuntu 10.10をVMWareにインストール

表題以上のことは何もしてない。。。amd64版インストール+日本語版レポジトリ追加で基本的に無問題で使えてる。BitTorrentで速攻DL完了。Lucidの時にあったような、VMWareにいれるとgdmでキーが効かない現象は発生せず。ちょっと様子見てから、実環境にインストールすることにしよう。

ここはメモ。 http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized

2010年9月26日日曜日

泣く

なんだかんだで、映画カラフル見てダダ泣きしたのが、今年の映画の中で一番ヘビーに心に残っている映画体験な気がする。

でも、サントリーミュージアムのIMAXシアターで見た「HUBBLE 3D」も良かったかな~。

Ubuntu 10.04(Lucid Lynx) + VMWareの続き

もう少しで10.10出るっていうのに、とりあえず備忘録。

http://blog.yoshichika.com/archives/2010/04/1220.html
で書いた方法でなくても出来るじゃないか、ということで、今後また使えるかもしれないのでメモ。

  1. VMWareで自動インストール→キーボードきかないよ!!

  2. ログイン画面下の輪っかの中に人がいるアイコンをクリック→"ユニバーサルアクセスの設定"的なPOPUPメニューが出るのでクリック

  3. "オンスクリーンキーボードを使う"的な項目があるのでクリック→スクリーンキーボードが出る

  4. 自動インストール時に入れたパスワード入れてうんぬん

  5. ログイン後はキーボード使えたので、今のうちにこことかみたいにして修正しておく

2010年5月15日土曜日

Netwalkerでmozc(OSS版Google日本語入力)を使えた!

保存保存。




961 :いつでもどこでも名無しさん:2010/05/12(水) 20:54:17 ID:???0

はい、パッケージ。

ttp://nnc.homeunix.net/netwalker_rep/

標準レポジトリのibusは古くてmozc使えんので使わない様にして。

もし今入れてたら消しといてください。

かわりにibus-anthyとibus-skkもパッケージしましたんで。

・ibus-1.2.0.tar.gzの方は解凍して出てきたdebを

全部インストールね。

sudo dpkg -i パッケージファイル名

とか

ダブルクリックとかで。

・ibus-mozc_anthy_skk.tar.gzは

ibus-mozc

ibus-anthy

ibus-skk

を入れておいたので好きなのをインストールしちゃってください。

skk使う場合はskkdicを正規のレポジトリからでいいんでいれてね。

インストールしたら、

$ im-switch -s ibus

で切り替えて、再ログイン。(ダメなら再起動)

システム->設定->iBusの設定->インプットメソッド

で使いたいのを追加して使ってくださいませ。

あ、scimに戻すときは

$ im-switch -s scim-bridgeでOK。

要らなくなったら入れたパッケージを手動で消せばOK。

苦情は一週間だけ受け付けますw


引用元: SHARP NetWalker PC-Z1総合 Part19【Ubuntu,ARM】.

2010年4月30日金曜日

Ubuntu 10.04(Lucid Lynx) LTS Release→VMWare Playerで試してみた。の流れ


朝起きたらUbuntu 10.04(Lucid Lynx)が有効に。とりあえず、VMWare Playerへ自動インストール…したら、なぜかキーボードからの文字入力が出来なかった。自動インストールさせずに回避できたので、とりあえずメモ。あと、まだ公開されてないだろうけど、日本語Remixのリポジトリを追加したら、それなりに動いたので、現状を書いておくことに。



  1. http://www.ubuntu.com/getubuntu/downloadから、LucidのISOイメージをDL(私はDesktop版のamd64を使用)

  2. VMWare Playerで、「後でOSをインストール」にして仮想マシンを作成(ゲストOSの選択は、amd64を使ったのでUbuntu 64ビットを選択した)

  3. 作った仮想マシンをすぐに起動せず、設定を編集して、DLしたISOイメージをマウントするようにする。

  4. そして起動し、LiveCDとしてとりあえずブートし、キーボード含め操作が可能なことを確認

  5. あとは、LiveCDのデスクトップのショートカットからインストール開始。特になにも考えずにOK

  6. インストール完了したら、ISOはマウントさせないように設定を直して、画面に従い再起動

  7. gdmが起動したら、ちゃんとアカウント選択→パスワード入力→ログインが可能になっていることを確認

  8. ubuntulinux.jpを参考に、日本語Remixのパッケージをインストールする、が、このとき、https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/lucid.listを用いてリポジトリを追加するようにする(恐らくまだ公式リリースされてないので自己責任)

  9. sudo apt-get update;sudo apt-get upgrade

  10. sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja

  11. とりあえず再起動

  12. VMWare PlayerのメニューからVMWare Toolsのインストールを選ぶ

  13. 適当にVMWare Toolsのtar.gzをコピーし解凍。sudoでインストールスクリプトを起動

  14. 適当に答えて完了。ホストOSからのDragDropが出来たのでおk。

御柱祭に行った写真


こっそりと、長野県下諏訪にて御柱祭を観覧(だいぶ前)。とりあえず、写真アップ。こちらから




DSC_0230
DSC_0230 posted by (C)Yoshichika

2010年2月7日日曜日

友人が世界一周へ


年明けから、広島来て以来の友人(現在は北海道に)が世界一周旅行に。そのために貯金したりプラン立てたり、行動力凄いなー。更新頻度も結構高いし、行ってみたくなるな?。




Round The World →世界一周女一人旅→