2010年4月30日金曜日

Ubuntu 10.04(Lucid Lynx) LTS Release→VMWare Playerで試してみた。の流れ


朝起きたらUbuntu 10.04(Lucid Lynx)が有効に。とりあえず、VMWare Playerへ自動インストール…したら、なぜかキーボードからの文字入力が出来なかった。自動インストールさせずに回避できたので、とりあえずメモ。あと、まだ公開されてないだろうけど、日本語Remixのリポジトリを追加したら、それなりに動いたので、現状を書いておくことに。



  1. http://www.ubuntu.com/getubuntu/downloadから、LucidのISOイメージをDL(私はDesktop版のamd64を使用)

  2. VMWare Playerで、「後でOSをインストール」にして仮想マシンを作成(ゲストOSの選択は、amd64を使ったのでUbuntu 64ビットを選択した)

  3. 作った仮想マシンをすぐに起動せず、設定を編集して、DLしたISOイメージをマウントするようにする。

  4. そして起動し、LiveCDとしてとりあえずブートし、キーボード含め操作が可能なことを確認

  5. あとは、LiveCDのデスクトップのショートカットからインストール開始。特になにも考えずにOK

  6. インストール完了したら、ISOはマウントさせないように設定を直して、画面に従い再起動

  7. gdmが起動したら、ちゃんとアカウント選択→パスワード入力→ログインが可能になっていることを確認

  8. ubuntulinux.jpを参考に、日本語Remixのパッケージをインストールする、が、このとき、https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/lucid.listを用いてリポジトリを追加するようにする(恐らくまだ公式リリースされてないので自己責任)

  9. sudo apt-get update;sudo apt-get upgrade

  10. sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja

  11. とりあえず再起動

  12. VMWare PlayerのメニューからVMWare Toolsのインストールを選ぶ

  13. 適当にVMWare Toolsのtar.gzをコピーし解凍。sudoでインストールスクリプトを起動

  14. 適当に答えて完了。ホストOSからのDragDropが出来たのでおk。

御柱祭に行った写真


こっそりと、長野県下諏訪にて御柱祭を観覧(だいぶ前)。とりあえず、写真アップ。こちらから




DSC_0230
DSC_0230 posted by (C)Yoshichika